ワイルドジャングルカジノと上手く付きあう

大学生の頃、私の友人は数人いわゆる賭け麻雀にハマっていました。
その中で特にのめり込んでしまった人たちは、そのまま雀荘でバイトもしていました。
徹夜で麻雀をしていたので、もちろん大学にはあまり来ず、注意したのを覚えています。

話を聞いてみると、結局賭けで負けた分は給料から天引きされているらしく、
働いているのにマイナスになる月もあると言っていました。
そのマイナスを埋めるために、ワイルドジャングルカジノやパチスロや他のギャンブルに手を出している人もいて、
ギャンブルに一度ハマってしまうと、泥沼だなと感じたのを覚えています。

それなのに、世の中にはワイルドジャングルカジノや沢山の雀荘やパチンコ屋があり、今も不思議です。
そんな私も、会社の近所にJRAがあると言うことと、同僚の影響で、
毎回100円分だけと決めて少しずつ競馬をはじめてみました。

当たる事は少ないですが、たまに当たると小額でもとても嬉しく、
100円ではなく1,000円分買っておけばよかったなどと後悔することもありますので、
つぎ込んでしまう金額が増えていく心理は分かります。

自分の才能とセンスを理解し、
引き際をきちんと決めることでワイルドジャングルカジノとうまく付き合うことができ、
楽しめるのではないかと思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ